ミミズクの特徴、飼い方、飼育法

Posted by SLenc7uk on 2015年11月21日 in 鳥類 |

可愛い雰囲気でも飼育は大変

ミミズクはフクロウと合わせて飼育を検討する方が多い動物です。
フクロウとの差は大きさの差です。
可愛い雰囲気の動物ですが、飼育にはかなり手間と費用がかかる事がしられており、ペットの飼育に慣れている方向けの動物です。
また、購入にかかる費用もかなり高く、数十万円ほどかかるというのが相場です。
一例としてはミミズクと、飼育に必要な物品を揃えた時点で30万円ほどかかったという例があります。
これはミミズクを飼い始めるスタート段階での費用で、ここからエサ代もかなりかかります。
こうした事をクリアして、それでも購入して飼育したいと思ったらお勧めです。

ミミズクの飼育のポイント

ミミズクの飼育のポイントとしては、まずは人が生活している場所で飼育をしないという事です。
ミミズクは可愛いですがかなりにおいがきついので、同じ部屋で生活しているとそのにおいが部屋に染み付いてしまいます。
ケージを外に用意して飼育する事をお勧めします。
ケージは狭すぎるとミミズクもストレスを感じやすくなってしまうので、少し大きめのものを用意すると良いでしょう。

エサはマウスやウズラ、ひよこなどになります。
小さいうちはマウスで良いですし、そこから大きくなってきたらウズラやひよこが適しています。
これを毎日あげないといけないので、費用的には高めになります。
また、クール便などで配送してもらう事になるため、事前にエサ代についても検討しておく方が良いでしょう。

ミミズク自身のにおいと共に、糞などもかなり色々な所にするため、処理も定期的にこまめにしていく必要がああります。
きれいにしておかないと不衛生になってしまい、ミミズクが病気になってしまう可能性も出てきます。
なるべくきれいな状態を常に保つようにしておきましょう。

ミミズクはあまりなつかない動物なので、犬や猫のように手なずけるのは難しい動物です。
外に出して肩に乗せたりする事で買い主として慣れ親しんだ存在として認めてはくれますが、人懐っこく寄ってきたりという事はあまりありません。

ペットショップの方にも相談を

ミミズクの飼育はペットの中でもレベルの高い飼育が求められます。
そのためこれから購入を考えている方はよく下調べをしてから購入する事をお勧めします。
可愛さに惹かれて購入したものの育てられなかったという例もあるので、後悔しないためにもペットショップの方にも実際の話をよく聞いた上で検討すると良いでしょう。
ペットショップの方は詳しいアドバイスなどもしてくれるので、そうした実際の話を聞いた上でも世話をしていける、購入したいと思ったら、あなたの好きなミミズクを飼い始めてみるのもお勧めです。

Copyright © 2012-2018 完全網羅型 ペット図鑑 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored_child Child-Theme, v2.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.5, from BuyNowShop.com