ウズラの特徴、飼い方、飼育法

Posted by SLenc7uk on 2015年9月19日 in 鳥類 |

ウズラも飼う事ができる

ウズラは小さな卵でご存知の方も多いと思いますが、ペットとして飼うのも人気の動物です。
ウズラは並ウズラと姫ウズラと呼ばれる種類があり、ペットショップでどちらが良いか見ながら決めるのもお勧めです。
ウズラを飼育する際には気をつけるべきポイントもいくつかあるため、そうしたポイントをしっかりと押さえておきましょう。

ウズラの飼育で押さえるべきポイント

ウズラの飼育で特に姫ウズラを飼う際に気をつけたいのが鳴き声です。
ニワトリをイメージして頂くとその鳴き声はとても大きく、朝から周辺の方に迷惑をかけてしまう可能性があります。
姫ウズラの雄はは特に雄叫びのような鳴き声をあげるため、その声の大きさには注意が必要です。
メスの場合はこうした雄叫びはないので比較的気を使わなくても大丈夫と言えます。
雄の場合の雄叫びはインコよりは大きいという感じの鳴き声なので、参考にして決めると良いでしょう

飼育の環境としては雌のうずらを多めにすると良いでしょう。
順に入れていく場合には新しい雌のウズラが古いウズラにいじめられやすくなってしまうため注意が必要です。
雌を何匹か入れて雄を入れ、更に雌をいれるという風に交互に入れていくと喧嘩をせずに仲良く過ごしてくれやすくなります。
最初のうちはこうした事も失敗しやすいポイントなので、予め押さえておきましょう。

また、ウズラを飼っているとくちばしで足をかきむしったり、砂にこすりつけるような行動をとる事があります。
これはストレスなどを感じている場合もあるので、広めのケージに移し替えるなどの対策をした方が良いでしょう。
ウズラも環境に影響を受けてストレスを感じる動物で、場合によっては毛が抜けてくるという事もあります。
また、ダニなどが繁殖している可能性もあるので、なるべく清潔に保って広めの快適に過ごせる環境を整えてあげてあげましょう。
環境を整えてあげれば自然とこうした行動もなくなっていき、ウズラも気持ちよく過ごしてくれるようになります。

ウズラの値段は

ウズラをこれから購入しようと考えている方はその費用が気になる方もいると思いますが、並ウズラで千円ほど、姫ウズラで1500円ほどと比較的安価な価格となっています。
複数匹育てたければもう少し費用がかかってしまいますが、まずは 1匹や2匹ほどから始めるなら比較的飼育しやすい動物と言えます。
また、これに加えてケージやエサなども用意する必要があるので、こちらも購入しておきましょう。2、3千円ほどあれば購入できる事が多いので、こちらも安価に購入する事ができます。
一通り揃えたらウズラの飼育がスタートです。
ぜひ可愛がって楽しく育てていきましょう。

Copyright © 2012-2018 完全網羅型 ペット図鑑 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored_child Child-Theme, v2.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.5, from BuyNowShop.com