アトラスオオカブトムシの特徴、飼い方、飼育法

Posted by SLenc7uk on 2017年5月21日 in 昆虫 |

迫力の3本角がインパクト大

アトラスオオカブトムシの特徴は何と言ってもインパクトのある大きな3本の角でしょう。
上側に2本、下側から1本生えている角は湾曲を描いていて力強さを見せてくれます。
この独特の迫力のある3本角が特徴となっていますので、初めてアトラスオオカブトムシを見る人でもすぐに判別することができるでしょう。

原産地は東南アジアの熱帯地域で、ネパールやフィリピンに多く生息しています。
しかし、今ではそのカッコよさから世界中でファンが増えていて、日本でも繁殖を行っている人も多くなっています。

熱帯地方のカブトムシですので、暑いところを好む傾向が強く、逆に寒さに弱いという特徴を持っています。
そのため、飼育をする時も繁殖をさせる時にも温度管理をしっかりとすることが重要です。
寿命は3か月から4か月程度ですが、普通のペットショップなどで購入すると一か月ほどで寿命が来てしまうこともあります。

気性が荒いので飼い方には若干の注意が必要となる

アトラスオオカブトムシは気性が荒いという性格上の傾向があって、オス同士が同じかごにいるとすぐにケンカを始めることがあります。
また、交尾をするときにも、何らかの原因でメスを攻撃するようになり、殺してしまうことさえあります。
そのため、アトラスオオカブトムシを飼う時には、気性の荒さを考慮してある程度の注意を払う必要があると言えるでしょう。

具体的には、初めて飼う際には必ずアトラスオオカブトムシのオスは一匹につき一つのケースを用意するということです。
他の雄とは一緒に入れないようにして、ケンカ相手を与えないようにすることがポイントです。

また、もし繁殖を試みたいと思っているのであれば、メスの入れ方にも注意をする必要があります。
普通にメスを置いておくと攻撃してしまう可能性がありますので、繁殖期に来たら、そっとオスの上にメスを置いてあげます。
そのまま観察を続け、もしオスがメスのことを気に入ったようであれば交尾が始まりますので問題ありませんが、攻撃をし始めるようであれば離してあげるようにしましょう。

初心者でも比較的飼いやすいという面もあるカブトムシ

このようにアトラスオオカブトムシは気性が荒いという面もありますが、飼育自体はそれほど難しくないので、初心者でも飼うことができます。
ペットショップでは1,000円から大きさによって5,000円程度の値段で販売されていますので、手が出やすい価格というのもメリットです。

餌もケースや中の環境も通常のカブトムシと同じもので大丈夫ですので、とても楽に飼い始められます。
ただ、後ろ向きに転んでしまうと起き上がれなくなってしまいますので、樹皮ブロックや足場枝などはケースの中に置いておくようにしましょう。

Copyright © 2012-2018 完全網羅型 ペット図鑑 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored_child Child-Theme, v2.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.5, from BuyNowShop.com