スマトラオオヒラタクワガタの特徴、飼い方、飼育法

Posted by SLenc7uk on 2017年7月20日 in 昆虫 |

クワガタ最強の呼び声も高いスマトラオオヒラタクワガタ

その力強さが人気の秘密となっているクワガタの中でもスマトラオオヒラタクワガタは、最強と称されることも多いほど、力強い姿をしています。
体長は10センチほどにもなり、クワガタの中では一番大きな部類に入ります。
また、体の厚さもとても厚くなりますので、全体的にとても大きなイメージを与えるものとなります。

そして、大きくて迫力のあるアゴもインパクトがあり、クワガタらしい力強さをさらに強調しているのが特徴です。
この大きさとアゴのインパクトのおかげで、世界中でスマトラオオヒラタクワガタの人気が高まっていて、たくさんの数が取引されています。
日本でも、ペットショップやクワガタショップで常時購入することができますし、インターネット上でも販売されていることが多くなっています。

価格は大きさやアゴの形などによっても差があって、成虫のペアで1,000円から20,000円までのバラつきがあります。
当然、より大きくて迫力があるものほど高く販売されていて、1万円を超えるクラスは数が限られてきます。

寒さに弱いのでしっかりとした温度管理をして飼育をする必要がある

スマトラオオヒラタクワガタは東南アジアの熱帯地域を原産とするクワガタです。
そのため、暑さには強いものの、寒さには弱く寿命を短くしてしまう原因となります。
23度から25度程度が飼育にはベストな温度となっていて、日本の夏場の室内であれば問題なく飼育できるでしょう。

一方で、温度が10度台になると活動が鈍ってしまって10度以下になると死んでしまうリスクがかなり高くなります。
それで、必ず温度を高い状態に保つようにして、10度以下にはならないようにしっかりと温度管理をしなければなりません。
繁殖の際も同じで、温度が低いと繁殖がうまくいきませんし、幼虫もしっかりと育ってくれませんので、高い温度を保てるような環境を作ってあげるようにしましょう。

寿命が長いので長く楽しめるというメリットがある

スマトラオオヒラタクワガタの寿命は長くて、1年から3年ほどです。
しっかりと温度管理をして、環境を整えてあげればかなり長生きするクワガタですので、飼育方法には細心の注意を払うことが肝心です。

特に温度管理を怠ってしまうと、寿命がかなり短くなってしまいますので、秋口や冬場などの温度変化が激しい時には、こまめな調整が求められるでしょう。
温度という面では管理が求められることが多いですが、他の飼育方法としてはそれほど難しくはなく、一般的なクワガタの成虫と同じように育てることができます。
そのため、外国原産のヒラタクワガタの入門としてこのスマトラオオヒラタクワガタを飼うこともできるほどです。

Copyright © 2012-2018 完全網羅型 ペット図鑑 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored_child Child-Theme, v2.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.5, from BuyNowShop.com