ノコギリクワガタ

Posted by SLenc7uk on 2017年8月30日 in 昆虫 |

日本全国に生息する最もポピュラーなノコギリクワガタ

ノコギリクワガタは、日本に最も生息する数の多いクワガタと言えるでしょう。
九州地方から北海道に至るまでどこにでも生息していて、離島であってもその生息が認められています。
環境の変化や気候の変化にも順応しやすく、丈夫な体を持っているというのがその大きな理由です。

このように、とても生息数が多くどこでも住んでいるということは、飼育も簡単であるということを指しています。
実際に、初めて昆虫を飼うという人でも楽にノコギリクワガタを飼育することができて、初心者にはもってこいの種類だと言えるでしょう。
温度管理をする必要もほぼなく、エサをしっかりとあげることと、ある程度清潔な環境を整えてあげることを意識すれば、問題なく飼うことができます。

最適の温度は22度から24度とされていて、初夏から夏場の飼育が最も簡単です。
しかし、これ以上寒くなってもノコギリクワガタは元気に動いてくれますので、それほど温度管理に気を使わなくていいのがうれしいところでしょう。
どのエリアであっても簡単に飼うことができますので、子どもに飼育を任せても安心です。

寿命が短めになることもあるので注意

ノコギリクワガタの成虫の寿命は10か月から12カ月というところですが、成虫としての活動を始めてからは1か月程度となります。
体が丈夫で順応性も高いのでそれほど飼育に気を使う必要はありませんが、やはり寿命を長くしたいと思うのであれば、温度を最適温度に保ってあげるようにすることや、こまめにエサの交換などをしてあげることが大事です。

ノコギリクワガタはかなりたくさんの流通がありますので、クワガタショップやペットショップなどで簡単に手に入れることができます。
値段は大きさや時期によっても異なりますが、500円程度から購入することができます。
大きい個体やちょっと珍しい色をしているものなどは、数千円の値が付くことがあります。

繁殖の体験をしてみるのにも良いノコギリクワガタ

ノコギリクワガタは飼育が簡単なだけでなく、繁殖も比較的楽にできるというメリットがあります。
日本のどこでも木の根元などに産卵して自然繁殖しているくらいですので、初心者であっても繁殖を試みることができます。

木材でもいいですし、専用のマットを使用しても大丈夫です。
温度管理をしなくても十分繁殖に成功しますが、25度程度まで温度を上げてやって管理をすると、孵るのが早くなります。
冬場も問題なく越してくれますので、子どもに管理を任せて家族で一緒にクワガタの成長と繁殖を観察するのにも適しています。

日本の最もポピュラーなクワガタではありますが、その姿形はとても格好が良く人気があるものですので、クワガタを飼い始めたいと思ったら入門用にノコギリクワガタを飼うのはいかがでしょうか。

Copyright © 2012-2018 完全網羅型 ペット図鑑 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored_child Child-Theme, v2.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.5, from BuyNowShop.com