ネコ

Posted by SLenc7uk on 2012年6月21日 in 哺乳類 |

犬と猫の違い

イヌと並んで大人気のペットである「ネコ」。
犬と比べると個人主義者と言われ、自分の気分次第でマイペースな振る舞いを見せるネコですが、猫好きの人にはそういったところがたまらなく可愛く感じるようです。
ちなみに、一般的にネコと言われますが、実は正式には「ネコ」という種類は存在せず、家庭で飼育されているネコは正式には「イエネコ」といいます。

いろいろな面でイヌと比べられるネコですが、飼育され始めた時期はイヌよりもかなり遅いようです。
イヌが狩猟のパートナーとして古くから飼育されていたのに対して、ネコは農作物を作るようになってからネズミ駆除が目的で飼育され始めたという歴史的背景が大きな理由です。

ただ、その後はイヌと同様に愛玩用として飼育されるようになりました。

また、人の性格をイヌ型とかネコ型とかに区別することがありますが、この両者の性格の違いは「群れを作るかどうか」に大きく起因しています。
イヌは群れを作る動物で飼い主をボスに見立てます。
そのため、飼い主に非常に従順で絶対服従の意を示します。

一方、ネコは群れを作らない個人主義者です。
どちらかと言うと人から干渉されることを嫌がり、イヌに比べると人に甘えることがありません。
ネコの入手方法はやはりペットショップがもっとも一般的でしょう。
大きなペットショップに行くとたくさんの種類のネコを目にすることができると思います。
また、珍しい種類のネコを飼いたいのならばブリーダーから入手する方法もあります。
また、知り合いの飼い猫が生んだ子猫を貰い受けるということもあるでしょう。

知ることが大切

ネコを飼育する上で重要になるのは、「ネコを知る」ということになるでしょう。
ネコは一緒に遊んだり甘えたりするのは好きですが、触られたり、いじられ回されたりするのは嫌がります。
飼育方法を失敗すると抱っこすることも許してくれないネコになってしまうこともあります。
ですから、ネコと良い関係を築くためには小さい頃からのコミュニケーションが大切になります。
ネコは猫じゃらしなど小刻みに動くものを追いかける習性がありますが、おもちゃなどでネコと遊んであげたりして日頃から十分にコミュニケーションを取るようにしましょう。

ネコのしつけ

また、ネコと一緒にくらしていくためにはネコのしつけも大切です。
ネコはイヌと比べると躾が難しいと言われていますが、もちろん自分が叱られているかどうかくらいは理解していますし、頭を撫でてあげれば褒められているということも理解しています。
といっても、ネコにお手などを躾ける人はあまりいないでしょうから、絶対に必要なのはトイレのしつけ程度でしょうか。

トイレも、ネコはもともと決まった場所に排泄する習性を持っていますから、最初にきちんと排泄場所を教えてあげればそんなに問題になることはないでしょう。
(ときどき、マーキングのために決まった場所以外に排泄することがあるので注意です。)

繁殖について

あと、問題となるのが繁殖に関してでしょう。
もし子供を産ませたくないというならば避妊手術を受けさせることも大切です。
繁殖を希望するなら最低でも生後1年は待つべきです。
ネコは生後半年程度で繁殖能力を有しますが、あまり早いと体力がついていかずおさんがうまくいかない場合があるからです。

Copyright © 2012-2017 完全網羅型 ペット図鑑 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored_child Child-Theme, v2.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.5, from BuyNowShop.com