スカンクの特徴、飼い方、飼育法

Posted by SLenc7uk on 2014年3月23日 in 哺乳類 |

スカンクの威嚇行動

ペットを飼っている方が増えています。
犬や猫と言ったペット以外にも、様々な珍しい動物を飼育している方もいらっしゃるでしょう。

例えば、スカンクです。
この動物は、基本的に夜に活発な行動をする夜行性とされています。
ペット化はされていませんが、複数のスカンクと飼育をすることによって、ペットとしても飼育することが可能です。

性格は、少しデリケートな面を持っています。
デリケートな性格を表している行動が威嚇行動です。
犬や猫のようにうなり声を出し威嚇をするのではありません。
スカンクならではの威嚇行動があります。
それが、前足を踏みながら、警戒音を発し、お尻にある臭腺から液体を噴射するのです。
この時の臭腺から出る液体が独特の臭いを発するので、飼育をする上で、最も注意すべき点と言えるでしょう。
なるべく興奮をさせずに落ち着いた環境を維持してあげる工夫が必要です。

スカンクの飼い方

トイレのしつけですが、覚えさせることは可能です。
最初から覚えることは難しいですが、根気良くしつけていくことで、しっかりとトイレを覚えるでしょう。
生活環境は、必ずケージが必要です。
複数飼っている場合、幼い頃は同じケージで飼育します。
大人になる頃には、ケージも狭くなりますので、別々のケージを用意しましょう。
狭いケージで飼育し続けると、ストレスが溜まってしまうので、注意します。
ケージの大きさは、ただ休息を取る場所だけではなく、トイレもケージの中に用意しますので、ある程度の大きさが必要です。
スカンクの中には、長い爪を使いケージからの脱走する可能性がありますから、丈夫な造りになっているケージを選びましょう。

スカンクのエサ

餌は、野生のスカンクの場合、雑食性です。
昆虫や雑草などを自分でバランスを保ちながら食べています。
飼育されているスカンクは、自分で餌を確保することが出来ませんから、飼い主がバランスを考えなくてはいけません。
しかし、野生のスカンクのように昆虫や雑草をバランスよく与え続けるのは難しいです。
その為、栄養バランスに優れている犬用フードを与えます。
犬用のフードには、総合栄養食と書かれているものを与えると良いでしょう。
様々な栄養バランスが含まれていますから、色々な食べ物を与えずにバランスよく餌を与えることが可能です。
おやつなどを与えるのなら、ペットショップなどで比較的手に入れやすいミールウオームが良いとされています。

室内で飼う場合、常に15度から18度が適温なので、夏場や冬場に注意して飼いましょう。

Copyright © 2012-2018 完全網羅型 ペット図鑑 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored_child Child-Theme, v2.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.5, from BuyNowShop.com