トカゲ

Posted by SLenc7uk on 2015年8月19日 in 爬虫類 |

トカゲの飼育もお勧め

自然の多い地域ではトカゲを見つける事も多いです。
トカゲは比較的飼育しやすく、何か昆虫などを飼育したい、ペットを飼いたいと思っている方には適している生き物です。

もちろんトカゲも生き物で生活習慣があるので、気を付けるべきポイントを押さえて飼育していく事が大切です。
正しい飼育の仕方をしないと死んでしまう可能性もあるので、注意しながら育てるようにしましょう。
最近ではトカゲの飼育方法についてまとめた書籍などもあるため、そうした書籍などをチェックしてみるのもお勧めです。

トカゲの飼育方法のポイント

トカゲは寒さに弱いため、特に気をつけたいのが冬の時期です。
冬には寒さも厳しくなりやすく、地域によっては氷点下まで気温が下がる事もあります。
トカゲは冬の間は冬眠をしますが、冬眠をさせる際には気をつける事があり、そのまま眠りから目を覚まさずに死んでしまう事があるという事です。

そのため、なるべく暖かく一定の温度を保った環境で飼育をしていくと良いでしょう。
温度調節ができるケースなども販売されているので、そうしたケースを用いるのも良いですし、簡易的なパネルヒーターなども販売されているので、そうした物をケースの中に入れておく事でトカゲにとって良い環境を保つ事ができるようになります。
また、温度は20度ほどが適しています。
一定温度を保って快適な環境を作ってあげましょう。

ケース内の環境は砂を敷いてその中で飼育すれば大丈夫です。
砂も比較的普通の砂で大丈夫なので、周辺の砂を入れて始めるのでも十分です。
ケースの大きさはある程度大きさがあるに超した事はありませんが、30センチほどのケースでも十分快適に過ごしてくれます。

もう一つ用意するべきなのが水とエサです。
水はトカゲも日常的に欲しがるので、水飲みを用意して定期的に補給していきましょう。
あまり長時間放置すると水も悪くなってしまうので、適量を補給してなくなったらその都度また補給という形が良いでしょう。
エサはミルワームという虫がペットショップやホームセンターで販売されているので、それを定期的に与えていけば十分です。
ただし、あげすぎると逆に良くないため、こちらも水と合わせて適量を心掛けていきましょう。

環境にも配慮を

夏場などはケースの中も暑くなりやすいので環境にも気をつけておく必要があります。
日陰などの涼しい所にケースを置いて環境を保つようにしましょう。
また、砂も段々と乾燥してくるので、霧吹きなどで時々湿らせてあげるとトカゲも快適に過ごしてくれます。
以上がトカゲの育て方のポイントになります。
初心者の方でも育てやすく、動きも良いトカゲは見ていて楽しい生き物でもあります。
ぜひ楽しみながら飼育をしてみてくださいね。

Copyright © 2012-2018 完全網羅型 ペット図鑑 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored_child Child-Theme, v2.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.5, from BuyNowShop.com